コットンソフトさんの「終わる世界とバースデイ」感想です。
コットンソフト「終わる世界とバースデイ」応援バナー


終わる世界とバースデイ。略称が終バ。
公式サイトで最早ネタバレが少し出ているので、プレイ前には注意していただいたいところです。
なるべく自分も気をつけます。

久しぶりに堪能できました。
コットンソフトさんには、姉妹ブランドともいうべきねこねこソフトさんがあります。
みずいろシステムを使った、情感あふれる物語も得意だと思います。
そのキャラクタたちが、今回のようなミステリに投入される…という感じですかね。
そのミステリで起こされる事態がかなり面白く、
予告ムービーによってはだいぶネタバレになると思いますので、あまりみないほうがいいかも。

これはいいOP。大丈夫なほうです。この曲いいよね。エッジきいてる。「夏の終焉り」。

体験版をプレイした時にストーリーはご紹介していますが、
いわゆる終末思想を取り扱っており、主人公たちはそれに巻き込まれていく…というお話です。
その要素に、SNS(てんくうタウンSNS)、ネットの掲示板(予言スレ)などを入れています。

これが非常にいい味を出していて、とても楽しめました。
暇があるとSNSに接続できちゃう気軽さ(何も変化はないとしても)が実物っぽい。
お友達をどんどん追いかけていくと…?

物語は、ヒロインを選ぶというよりも、物語を選ぶといった感じ。
進めていくと、分岐していき、タイトルがつけられています。
このルートタイトルもかなりいい味を出していますね。


ちょっとグラフィック面がどうも弱いかな、と。
まず、背景。何があるかはわかるのだけれど、もう少し印象的に描いて欲しかった。
そのほうが物語がリアルに感じられて、ミステリ色が増したと思うのです。
キャラクタ原画はそのままでいいと思います。
あとは、そのデジタルを表現する力があれば、なお良かったですね。

この物語は、前知識なし(体験版くらいまで)で製品版をプレイされることをお勧めします。
話の筋に想像はついていましたが、それでも楽しかった。

キャラクタが良いというお話をしましたが、ヒロイン全員どこかズレてて良い感じです。
一番まともに見えるのは妹の入莉。あと郁。
織塚人気ですね。「GODモーニング、先輩!」

織塚のちらっとみせる憂いとの落差が良かったな。

個人的には森谷実園さんのミカが良い感じ。

ラストのミカパート、もう少し何か欲しかったよね。
「いてあげる」という選択なのか?と少し疑問に。

でもってフラグ立てたいのはフリーザ様。桐谷華さんの落ち着いた声いいな。

ラストもう少し何かあってもよかったんじゃないかな!相手が何か、気づきながら伝えること。
最後の最後を見据えながら、できる限り伝えられること…。

働け!Tシャツのお姉さんもだけど、やっぱりキャラクタがすごく良かったように思います。
物語を構成するために用意したとはいえ、すごくキャラクタが立っていたというか。
あと、トウヤがイケメンボイスすぎて辛かった。「論外だ」とか言われるともうね…。

いい、ラストシーンでした。
ハッピーバースデー…。ラストの曲が静かに響きます。
"最初に全ての終わりと、はじまりを告げる歌を歌おう…。"

終わる世界とバースデイ。これは久しぶりにオススメです。
しかもここまで語りたいけど語れないというのが、更に(笑)

終わる世界とバースデイ
終わる世界とバースデイ

まず、ぜひ体験版をどうぞ。
あ、そうそう、今週末からキャラクタ人気投票はじまるみたいです。