PULLTOP LATTEさんの「彼女と俺と恋人と。」体験版プレイしました。
PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』


pulltopさんの姉妹チーム、pulltop latte。
チームとブランドの違いは何か、とか。
プルトップ・ラテなのかプルトップ・ラッテなのか、とか。(ラテ、のようです)
細かいところが気になってしまうわけですが…。

(テキストウィンドウにあるマグが可愛らしい)

チームコンセプトは、"あったかくて、甘いひとときを"。
デビュー作「彼女と俺と恋人と。」では、そうなっているでしょうか…。

では、ストーリーを。
一限からの講義に憂鬱な思いを抱えて歩いていた主人公、遥人。
ふと見ると、ふらつきながら車が近づいてくる。
その車は、歩いている女の子に近づいていく…!
気がついた時には、走り出していた。

次に遥人が見たのは、見慣れない天井。
そして、涙目の女の子。
「よかった。本当によかったです…」

彼女-美萩野綾乃(奏雨さん)は、県内でも有名なお嬢様校に通っているようで、
確かに雰囲気が違う。
律儀な性質でもあるのか、恩返しのためと、毎日見舞いに来てくれていた。
それだけではなく、「怪我も完治していませんし、少しでもお手伝いをしたい」と、
毎日遥人の部屋へ通っては家事などをしてくれるように。
悪いよとか、そこまでやらせてごめんとか…そういう言葉を飲み込んで、つい甘えてしまう遥人。
いつの間にか綾乃に甘えて過ごすことが心地よくなってしまっていた…。

体験版冒頭はこんな感じで、突然の出会いから、その後もまったく障害無し。
その、何となくさん付けしてしまうお淑やかさを持つ綾乃さんですが、かなり積極的。
流れるように通い妻に。

てか「はい、あーん」早くないですかね!?
綾乃というキャラクタの背景とか、そういったことを全て度外視して関係が進んでいきます。

何となくですが、プレイしたこの感覚は、以前の戯画さんみたいな感じがしました。

ただ。ここからがちょっと違います。

この生活が終わること。それは遥人の怪我が治った時。
思いを抱えつつ、遥人は綾乃を駅まで見送る。
しかし、別れ際、綾乃が胸に飛び込んできて…。

柔らかな唇が、触れた…。

こうして、遥人と綾乃の気持ちは繋がります。
けれども、ですよ?ヒロインが全員登場するのはその後…。
そして、綾乃の家庭環境からか、
「俺が…もしも、他の女の子と付き合ったら…それは、いいの?」
「遥人さんが望むのでしたら…」
という会話が。
これが製品版と同じ流れなのだとすると、ですよ?
これが、プルトップラテさんの目指す"好きの新しい形"…なのか…!?

遥人の実妹、すすき(藤咲ウサさん)が出てきた時のアレで考えると、
いや、家庭環境ってすごくずるい性質フォーマットだなと…!
こんな表情させやがりまして!

(何をしているのかは体験版を是非)
それを見ても綾乃さんはおっとりたしなめる程度。
思えば、この時点で違和感に気づくべきでした。
でも、綾乃さんの妹、小乃花(小倉結衣さん)が出てきた時には、
少し嫉妬してみせたようだし…と見誤りましたか。

一応、綾乃さんと同棲は一応期間限定であるようなのですが。
個別に進んでいくのか、綾乃さんだけ常駐なのか。
でもこれだけ、各ヒロインが迫ってきているのに個別はなさそう、かな。

たたね。ちょっと思うんですが。
恋愛は確かに事故みたいなものです。
でも、いきなりすぎるように感じるんですね。
何かもうちょっと、画面のこちら側へ、綾乃の心情が伝わるものがあってもいいと思うのですけど。

それと、家庭環境というアプローチもそうですが、
これ綾乃さんというキャラクタでなければ成立しないお話ですよね。かなりのワイルドカード。
それと、小乃花と、幼馴染みの徳吉優子(美月さん)が若干キャラクタ被っているように思ったり…。
色んな範囲の目新しいものを用意してはいるものの、キャラクタが記号化している感じがします。
これ、統括していらっしゃる北川晴さんは、「あると」で排除に向かったはずだったのに…。

しかし、それでもちょっと気になっているのが、この、管理人さん。小沢見千景さん。

ちょっと年上、泣きぼくろ美人。
遠野そよぎさんなのですが、これまでとは声が違う…この声、珍しい。
キャラクタデザインとこの声で、受け止めてくれそうな、だけどしっかりとした美人に仕上がっています。
これが…酔うと急激に迫ってくるという…。

それと。主人公の遥人ですが、イケメンですね。
しかもいい部屋に住みすぎ…!ほんとにこれ1LDKですか。箱○あるし。
あと、食事って綾乃さんのお財布から出てるわけじゃないよね?
なんでしょう、すごくいいご身分ですね…!

あまり主人公の色を感じないテキストでした。
なので、ビジュアルによるイケメンのイメージを持ってますね。
それよりは、ヒロインが5人(+アルファ?)もいるもので、立ち替わり入れ替わり、面白かったです。

システムはこれまでのPULLTOP作品のものを継承している模様。
ウィンドウサイズが変更できません…これは困ります。
最小化すると動作が停止します。
それと、音楽がシーンの途中でフェードし、そしてループするという作り。
ちょっと引っ掛かります。

maruiさん、のんさんの原画もいいですし、
主題歌はDucaさん。シアワセ定義。もちろんANZIEさん参加!

略称は「ととと。」。
公式Twitterアイコンも「と。」になっていることから、製品版アイコンもそうなるのかな?
これまでPULLTOPさんでは出来なかったイチャ甘推しのチームになっていくのかな?
チームコンセプトとはズレを感じるけれど…。

彼女と俺と恋人と。 初回版【予約特典:ミニ原画集『幸せ、おすそわけBook』付き】
彼女と俺と恋人と。 初回版【予約特典:ミニ原画集『幸せ、おすそわけBook』付き】

12月14日(金)発売予定です。

…あのですね?初回限定版特典が…こんなことに。

すすきちゃんが…。