Loseさんの「まいてつ」感想です。
 maitetu_400_400_main_a
2016年3月発売作品。

Loseさんのエモーションノベル「まいてつ」は、
SLが走り行く、どこか懐かしさのある雰囲気のなか、
舞台となる御一夜市の活性を目指す物語です。
mt7

幼い頃、列車事故で両親と双子の妹を亡くした双鉄は、
隈元は御一夜市の右田一酒造に引き取られ、右田双鉄となった。

だから、恩がある。
その御一夜に、エアロクラフテック社の工場誘致の話が持ち上がっている。
成れば、クマ川の清流は、もう取り戻せないだろう。
帝都大学を休学、急ぎ御一夜市に戻り、誘致撤回へと動こうとする。

すみかとなる祖父の部屋にあったのは、レイルロオド。
鉄道車両の運転や整備を助ける人形型モジュール。
しかも、旧帝鉄の国産初蒸気機関車、8620のもので……。


Loseさんの作品は、プレイが2作目となりますが、
体験版をプレイして、前作の「ものべの」より好意的に受け止められました。

ので、即予約。

それでは感想です。
ネタバレは少なめ。

システムは相変わらず使いやすくて良いと思います。
体験版で進化を感じた、ブックマークボタンが凄まじく似合うシステム。
エモーションノベルという名前に偽りなしの物語。
とても面白かったです。

どのキャラクタも魅力的で、最初の3択、
ポートレットの市長秘書となるか
ハチロクの運転手をメインに据えるか
日々姫の視点で御一夜を見ていくか。

そのどれもが、展開が面白かったです。

一番良いと思うのは、ストーリーに説得力があることです。

よく、キャラクタに才能がある、才媛だ、などと表現されていても、
その才能があるのが全く伝わりません。
ただ、テキスト上でそう呼んでいるだけで終わってしまっているから。

「まいてつ」は違います。
どんなふうに能力があるのか、すごいと伝わるんです。
解決方法も、具体的で、納得ができるものなんです。

だから、問題が出てきても惹きつけられるし、
「そうか!」と双鉄が立ち上がる瞬間には、
見ているプレイヤーも、わっ、となるんですね。
mt8

これが、なにもメインヒロインだけでなく、サブでも活かされている。
ISC(International Spirits Challenge)のお話とか、なかなかでしたよね。
精髄・ひとしずく。良い名前じゃないですか。

黒いダイヤの宝箱。いいですよね。

恐らくコレ、シナリオの方が、きちんと調べているだけでなくて、好きなんだと思うんです。
だからこその説得力。素晴らしいです。

こういうシナリオが読みたかった。
その上で、ヒロインとのやりとり……。

ハチロクルートで。
正直、ハチロクが何をボーっとしているのか、わからなかったです。
けれど、そうだよな、そうだよな、と、読んでいて、
気持ちがハチロクに寄り添っていきました。

日々姫ルートでは、日々姫の「おっきすぎます」がすごく響きました。
mt11

さすが、でしたよね。

朝ドラみたいだな、なんて思った方もいるでしょう。
それは、物語上で挙げられる問題が、「こんなの大丈夫か?」というクラスのもので、
問題は、結構シビアで辛辣。えげつないものもあるから。
かつ、それを地道な方法で乗り越えていく物語だから、だと思うんです。
そこに、大きなファンタジーは存在しないから。

もう、ここが好き。

そして双鉄お兄さん。
樫野樹さんの声、すごくよかったですよね。
まさに双鉄。

少し残念だとすれば、この、構成でしょうか。
グランドルートが用意されていますが、各ルートで出てきたアイディアをまとめあげたものになっています。
だけれど、各ルートとグランドルート、お互いに遠慮し合っているように見えたり。
ここではこれだけしか語らない、という譲り合いが見受けられます。

そのあたり、踏み込んで延伸していた「ものべの Happy End」よりも、
ちょっともったいないところ。

あと、登呂流湯での、一緒にはいるのが当たり前、
だけれど照れるタイミングがある、というのがよくわかりませんでした。
どういう風潮なのかな。

しかし、「ものべの」の時もそうでしたけれど、
キャラクタのグラフィックがすごいですね。
ヒロインの衣装。本当に複数あるんですよね。
例えば、日々姫。
私服だけで、A~Fまで6種類もあります。
私服だけで、です。
パジャマや制服、機関士服もあります。

サブヒロインのふかみですら、A~Eまで私服があります。
なんでしょうね、この豪華さ。

それらがE-moteで動くわけです。
これの処理は、本当に大変だったのでしょうね……。
まばたきのタイミング、全員違いますし。
mt10

ほんのちょっと出ているだけ、ただの乗車客というサブキャラクタにも、
声がないものがありません。
全ては、この物語を描くため。

素晴らしい作品でした。
願わくば、御一夜の発展を。



mt (2)
何気にハチロクステッカーがすごくかわいいですよね。