eRONDOさんの「こいのす☆イチャコライズ」体験版プレイしました。
こいのす☆イチャコライズ
eRONDOさんの新作は「こいのす☆イチャコライズ」。

独りで生活すると決めたのは、高校の夏。
父と性格が合わず、家を出て進学した。
奨学金も借りていたし、親の力を借りずに生活するのは大変だが……。


眠い目をこすりつつ、かけていた布団から這い出る。
枕元にあった目覚まし時計が、夕方であると教えてくれる。
姫野雅景を起こしたのは、目覚まし時計ではなく、玄関のチャイムのようだった。

再配達を頼むのも悪いし、それも面倒だ。
だから出てしまおう。
よろめきながら玄関に向かう。

宅配便だからパジャマのままでも大丈夫だろう。
ハンコを片手に、ドアの鍵を開ける。

そこにいたのは配達員さんではなく、
全然知らない、見たこともない女の子だった……。

ki1

体験版は、728MBでした。
インストールが必要です。

素晴らしい!これはいい作品です。

まず。
意外とすっと入ってくる展開なんですね。
展開スピードこそ速いですが、
それはそれとして必要な情報はきちんとある。

だから駆け足という印象は無い。
また、この体験版だと、最初にヒロインを選ぶので、
それ以外のヒロインを見ることがないんですね。

もう最初から、彼女だけ。
この運び方、良いと思うんですよね。

色んな出会いから独りを選ぶ。それも良いけれど、
最近はこっちの方が好きかなぁ。

具体的には、主人公の時間軸が違うので、
ぶつかり合うことがないのです。

そして。
この、たけやまさみさんの原画。
すごくいいですね。

しかもその、たけやまさみさんによる原画、
表情差分だけでなく、服装なども本当に豊富なんです。
例えば今、公式サイトで公開されている、深町サチ(蒼依ハルさん)の衣装は、
なんと8つもあります。
タオル姿があるので7つと捉えても、まだ未公開のものが3つはあるわけです。
また、立ち絵の表情差分だけではなく、イベントCGにおける表情差分も豊富なんです。
ki3

豊富なだけじゃ無くて、ストライク。
どの場面に映える、必要だから。そういうのがわかる。

もう、隣、歩いてますよね。

こういうタイプの作品には、本当に珍しいことです。

こうして、ヒロインを表現するにあたり、すごくクオリティの高い構築で、
「こいのす☆イチャコライズ」は作られているのが伝わります。

ヒロインをかわいく見せよう!というのが伝わりますね。

がんばりすぎでしょう。
でも、そのおかげで、いきなり心を掴まれましたよ。

唯一気になるとしたら、セーブファイルの少なさ。バックログジャンプ。
やっぱりかわいいヒロインは、たまに見返したいじゃないですか。
だからたくさんセーブファイルが欲しいですよね。

やー、だから、上月なつめ(栖崎あんずさん)だけで、
セーブファイル5ページ埋まってるわけじゃないですか。
ki
どのページのなつめちゃんもちょろかわいい。

「オトナって、ちょっとめんどくさいですね」とつぶやくサチさんかわいい。

サチが終わった時点で8ページ……。
そうやってページが埋まるくらい、キャラクタ魅力的だということです。
オススメ。


2017年3月24日(金)発売予定です。

今更思い出したのですが、「こいなか」のブランドさんじゃないですか。
なるほど、このクオリティ。納得です。