Luxury Tiaraさんの「お嬢様の半分は恋愛で出来ています!」体験版プレイしました。
Luxury Tiaraさんのデビュー作は「お嬢様の半分は恋愛で出来ています!」。
略称は、おじょます。
6

組織の裏エージェントとして生きる来栖川創は、
その美貌で、潜入調査を得意としていた。
今回もあるクラブの潜入調査を終え、そして調査対象から見送られて別れを歩む。

……と、そこは夜の街。
トラブルに巻き込まれたらしい女性を助けると、
しかし、裕福な家庭の令嬢であるのか、今ひとつ危なっかしい。
創の警告も意に介さない。
調査中に使った仮宿に連れ、汚れた衣服を見繕ってあげると、
その女の子は”お礼”を申し出た。

「すごーくモテそうだなって感じますし」
「そうでもない」
初めてとは、思えない。
しかし、その震えは演技では無さそうだ。

そして、その”お礼”は、組織の裏エージェントとして錬磨されたはずの創から、
コントロールを奪うほどのだった。
高級コールガールになれば一晩で百万稼ぐ器だろう……。

とはいえ、お互い名乗りをせずに別れた。
用心のためでもあるし、行きずりだろうから。
「もしも――もしもまた偶然、会ったら……そのときは名乗りあうって約束しませんか?」

休む間もなく、来栖川創は組織のトップである御前に呼び出される。
御前は、乙女の園、鳳鐘学園に潜入し、
至高の淑女の称号”ハイネス”を獲得するよう指示した。

女装。その上、学園生たちからの評価を高めなければならない。
困難極まるが、覚悟を決めるしか無い。
御前に睨まれたら、もう生きてはいけない。

そして、その学園に入学している孫娘を協力者として引き合わせる。
姫星アリカ。それは、あの夜の女の子。
「こんばんは。来栖川さん。”はじめまして”――」
5
体験版は、

原画は、カグユヅさん、夏彦さん。
シナリオは、たにかわたかみさん。

この作品の前日譚ともいうべきところ、
学園に入る前までは、公式サイトでのブラウザ体験版による公開となっています。
これは、ダウンロードのできる体験版には搭載されていませんので、
ある意味、体験版よりも大事な部分を見せているかもしれません。

また、通常の作品で、どうやって女を装うか、といった部分は、
スキップされてしまう傾向にありますよね。
そこを描いているので、体験された方が良いと思います。

さて、実はこの作品、最初に公表されてから2年くらい経っている作品なのですね。


見た目はともかく肉食系な雰囲気のある主人公と、
それを従える立場にあって、何を望んでいるのか今ひとつ見せないお嬢様こと、
姫星アリカ(萌花ちょこさん)。

現時点で史上最高のハイネスとされる上級生、皇坂銀子(山田ゆなさん)にも匹敵するといわれていますが、
姫星アリカが獲るのではなく、御前からは、女装した来栖川創が獲れという指令です。
アリカは、創のキャラクターをプロデュースする姿勢でいます。

(そのプロデュースの成果まで、ブラウザ体験版では描かれています。)


そう。
姫星アリカは、本当に何を望んでいるのか?

プレイヤーを魅了しようと様々なキャラクターが登場しますが、
体験版で最初から最後まで気になったのは、この一点です。
7

実は、創の父の葬儀の時に一度会っており、
逆にアリカのことを創は覚えていなかったわけですが、
接点といえばそれくらい。
わざわざ隙を作って接触してくる理由は?プロデュースする理由は?
何が行動理由なのか、本当に気になります。

それと、学園生同士のさや当ても結構あるようで、
仲良くなるか、どうするか?といった関係物語が読めそうです。
このあたりは、公式サイトのギャラリーを見ても感じ取れる所かと思います。

普通、女装作品恋愛指向だとすると、
最初から最後までイチャイチャできる、甘めの作品が多いですが、
どうも一癖ありそうなところが、この作品の魅力なのかもしれません。

キャラクタに対する担当声優さんも大分考えられているように思いますし、
そこも良いですよね。

ただ、せっかくの原画なので、もうちょっと彩色頑張って欲しい、かな。

2017年5月26日(金)発売予定です。

延期になりましたが、
代わりに、図書室の妖精こと九條ヶ峰千咲(白月かなめさん)のルートも作られるようです。