ぱれっとさんの「9-nine-ここのつここのかここのいろ」体験版プレイしました。
9-nine-ここのつここのかここのいろ


ぱれっとさんの新作は、「9-nine-ここのつここのかここのいろ-」
nk4

白巳津川市がスポンサードしたアニメ『輪廻転生のメビウスリング』は、
地域振興の失敗例として地元では不評だ。
しかし市はそれを認めたくないのか、放送終了から二年経った今年もまた、
フェスティバルが開かれてしまった。

前のめりな市を止めたのは……大きな地震だった。

手伝いに来ていた新海翔は、
フェスの会場にもなっていた白蛇九十九神社の神器が割れて、指に怪我をする。
割ったわけではなくて、地震で割れたものを片付けていたのだ。
フェスも中止になったようだし、指も怪我をしたしとその日は帰ることにした。

同じく手伝いをしていた九條都が、コスプレをしていたためか、
避難誘導がうまくいっていないのが気に掛かったが。

帰宅してみても、地震の影響は翔の部屋にはなかった。
安心して夕食をいつもの喫茶店で取りに行くと、
さっきまで神社でバイトしていたはずの都が出迎えた。

都は、いつもだったら店員として最低限しか翔と会話をしないが、
この日は違っていた。
「これ、見覚えないかな?」
nk1

フェスの参加者の忘れ物だろうか。
花を象ったようなデザインの髪飾りだ。見覚えがなかったので都に返す。

この日から、翔の周囲で、不思議なことが多発するようになっていた。
都の拾った髪飾りは、何故かいつも都の手元にあるし、
翔が神社に置いてきたぬいぐるみは、何故か翔の部屋にあるし、
公園に置かれたすごく精巧な石像は、行方不明だった女学生のそのもので……。
nk3
体験版は、655MBでした。

このぬいぐるみ、動くぞ。

原画は、和泉つばすさん。
シナリオは、さかき傘さん。

面白かったです。
想像以上にオカルティックな雰囲気があって楽しめました。

この作品は、毎作ごとにヒロインが違うタイプ。
今作では、九條都(澤田なつさん)。
世界的に有名企業のお嬢様だけれど、自身は自転車で通っていたりと、庶民的な生活を送っている。
喫茶店ナインボールでのアルバイトも、社会勉強のため。

澤田なつさんだなぁと思って聴かないとわからないくらいに、
うまく表現してくれています。
落ち着いていて、真面目な雰囲気を上手く出してくれていますね。
ですから、非常に好感が持てます。

主人公、翔(寺竹順さん)に音声が付いています。
オンにしたほうが色々と楽しめるかもしれません。
が、ちょっとイケメンボイス過ぎるかもしれません。

事件の初回で、都の信頼を得た翔は、事件の解明へ向かう都を手伝うことになります。
翔が手伝う動機はともかくとして、信頼の度合いが高く、
この先の流れでは、通い妻になりそうな雰囲気すらある都。
その辺りも楽しめるかもしれませんね。


2017年4月28日(金)発売予定です。

本編そのものはロープライスです。