ぱれっとさんの「9-nine-ここのつここのかここのいろ」感想です。
9-nine-ここのつここのかここのいろ
2017年4月発売作品。

ぱれっとさん久しぶりの作品「9-nine-ここのつここのかここのいろ」は、サスペンス色があるものでした。
特徴としては、ロープライスで、1作毎に楽しめる、連作ものといった形です。

アニメの舞台にしてもらった白巳津川市だが、観光不振。
神社で行われたイベント開催時に地震が起き、
神器たる珠が割れる。

それから、白巳津川には、奇妙な事件が……。

という導入です。

それでは感想です。
ネタバレではないのですが、あまり好意的な印象を持っていません。


内容自体は面白いと思います。
しかし、どうして分割という形にしてしまったのでしょうか?
この一言につきますね。

繰り返しになりますが、物語は非常に面白いです。それはもう、非常に。

ファンタジーサスペンスの香り。
こういう作品は、好きです。


シーン中にモーションを入れていますが、
これはあまり効果を感じません。
シーンあたりが短いし、バリエーションも展開も短いので。

今作のヒロインたる九條都(澤田なつさん)が、
わかりやすいキャラクタをしていて、通い妻的にかわいらしいのですが、
今作で九條都の担当分は終わり、で良いのでしょうかね。
これはキャラクタ寿命を考えると、短すぎます。

一話完結型のためにエンディングがあって、
だけれど何も解決していなさそう。
主人公と二人の未来が感じられない、という展開どころではなくて、
キャラクタの物語の終わりとしては短いし、事件の一応の解決でもないし、
何より一人のヒロインを堪能できるほどの長さは、無かったんです。

ややネタバレですけど。
引きをつくるのであれば、むしろ逆にしたようが良いような気がします。
ハッピーエンドを見せて、その逆を置いておく。

何故、石化したのか。

そうでないと、来年でしょう?続きの発売。
その頃にはすっかり忘れていそうです。

とにかく、うまくないなぁ、ということ。
もったいないなぁ、ということ。
そのあたりを感じますね。

また、こういうタイプの作品は、一作で完結できるようにしなければいけなかったと思います。

シナリオ自体は面白かったけれど、
分割する理由が本当にわからないなぁ……。


体験版の時にも全て感じていたように思いますね。
やっぱり予想通り。
失礼ながら、ぱれっとさんは、作品作りが上手くないと思います。

もうちょっといえば、和泉つばすさんが原画である理由も感じられませんでした。

ですので、次回は、相当のテコ入れをしないと大変だと思います。
まずは、プレイしてくれた方に思い出して貰うこと。
そして、新規参入者にも、単なる新作だと思って貰えるようにすること。

ヒロイン九條都を、もう一度しっかりと登場させ、
メインヒロインとして活躍させるような大団円を用意すること。