ALICESOFTさんの「超昂神騎エクシール」体験版プレイしました。
超昂神騎エクシール
アリスソフトさんの新作は超昂シリーズ、「超昂神騎エクシール」。

「俺は明日、魔王として覚醒し、人間界を支配する」
という央堂継彦の宣言を、当然ながら誰も信じない。
センパイと慕ってくれる報生キリカですら。

だが、青春時代に現れたベゼルと名乗る悪魔が、
魔王であることを伝え、覚醒の準備をずっと進めてきたことは事実としてある。

そして、継彦は魔王エイダムとなる。
――はずだったのだが。

側近たるベゼルの思惑は違った。
幾度となく天使に阻まれる地上侵略。
それを果たさなければ、また、次の魔王復活まで、息を潜めて過ごすことになる。
ベゼルが魔王の魔力を奪い、新たな魔王になり、侵略をすると。

七大魔力のうち六つ奪ったベゼルは、
継彦を助けるため割って入ったキリカの腹部を撃ち抜いて消えた。

魔王討伐のため地上に遣わされた天使、エクシールは、
魔王である継彦を討つはずが、
ベゼルの思惑により産まれたパンデモニウムの尖塔により、
地上の人々を襲うザインと戦うための力が足りず、継彦に申し出る。

そして。
地上の魔を祓う超昂神騎が誕生する……。
te2
体験版は、563MBでした。
良いですね。面白いです。


一日当たりの行動を決めて進めていく、SLGタイプの作品です。
強化と、回復に相当するものに分けられるようです。
夜になると出撃できますので、それまで午前と午後で育成をするという流れです。

体験版では第一獄の強欲エリア。
なかなかシビアなバランスで、正直何度もやり直しをしたくらい。

攻略的なお話ですが、戦闘前準備がとても大事で、
また、ボスに辿り着くまでの戦闘がだいぶ大事だということ。

ボスに辿り着くまでに、ボスとの戦闘において上手く立ち回れるように育てる、
またはポイントを残しておくことが必要です。

戦闘はコマンド式ですが、カードバトル風味。
そのコマンドセッティングは、戦闘開始直前まで行うことができます。

ただし、コマンドにはセット上限があり、
コマンドを新規購入するためには、APが必要になります。

APは、戦闘中の行動で消費されるため、無くなると攻撃ができなくなってしまいます。

APを増やすことができるのは、導魔になります。
導魔は継彦の魔力を消費します。

魔力も無限ではありませんから、使った後は回復させないといけません。

HPが0になるとエクシールは敗北してしまうので、
戦闘後にはなるべくHPを最大まで回復させなければいけません。

ということで、準備時間中に色々とやることがあります。
APは、導魔でエクシールに増やしていき、
たまに攻撃力増加等の効果が強い導魔を行います。
余剰分は新規攻撃方法を購入します。

とにかくエクシールを強化しないとボスには勝てませんから、
繰り返し導魔をしていくことになると思います。
te3
ちなみに、APしか見えませんけど、これくらい強化してもワーズリーにはギリギリです。
攻撃力が妙に強いので、一通り(5回)殴られてしまうとアウトです。
HP7くらい削ってきますから。4回くらいで仕留めないと。

もしかしたら、こちらの行動セットを封印したり、強制的に入れ替える、
なんてこともあるかもしれませんので、攻撃セットはA~C、しっかり整えておいた方が良さそうです。

エクシールを御苑生メイさん、キリカを鈴谷まやさんが担当。
なもんですから、シーンもなかなかです。

ワーズリーのアプリはすごい出来ですね。
ぜひ背景音声を大きくして楽しみましょう。


戦闘シーンアニメーションも相当かっこいいです。
この流れだと、エクシールとキリカ、両方を射止めるエンディングがあると良いな。



2017年7月28日(金)発売予定です。