シルキーズプラスDOLCEさんの「景の海のアペイリア」体験版2もプレイしました。
景の海のアペイリア
シルキーズプラスDOLCEさんの「景の海のアペイリア」体験版2がリリースされました。

ha4

女の子の容姿を持つ姿で受肉したアペイリア。
そのアペイリアが言い出したのは「触れてみたい」ということだった。

そのために生まれたのは、VRMMOのセカンド。
アペイリアが数多くのノードを使用し創り上げた、新たな世界。
アペイリアのための世界といえる。

その場所で、アペイリアと一緒に遊びたいという気持ちから、
ゲームが得意な東ましろを呼ぶ。
ましろは、オンライン部員で、零一も会ったことは無かったが、
人付き合いが苦手なところがあるようだった。

が、作られたVRMMOの世界は、中世世界を模したファンタジー。
魔法があり、モンスターが出現し、人々が町を行き交う場所だった。

既存のVRMMOバウンダリーと違い、ガラス越しという感覚が無い。
無機物の構造を再現するだけではなく、水や土に住む微生物、
鳥もすべてDNAが与えられているためだという。

零一、アペイリアを含む5人は、その世界の冒険者となり、
精霊の王から託宣を受け、冒険の旅に出る。

AIで作られた登場人物達を相手に、自由度を感じながら進めていく。

そして、高レベルであろうドラゴンに挑むが、
そもそもこの世界のルールに慣れていないのだ、倒せるはずも無い。

しかし、ましろが誕生日だった。
それだけで、再チャレンジしてドラゴンを倒すことを目指す理由になった。

手を尽くして刃が通り、そして、その日はログアウト、解散する。
しかし、帰り際に町を歩いていると、気になる声が聞こえてくる。

それはまるで、他にもプレイヤーがいるかのような会話で……。
「おい、見ろよ。あいつ。ゲームの中でも、よくやるな」


体験版2は、1.76GBでした。


体験版1の続きから、体験版2へジャンプして始めることができます。

体験版2は、いよいよ。
そんな予兆は最初からありましたが、サスペンス要素が少し出てきます。


実は、体験版1の時から、ちょっと感じていたのは、
「閉じた世界のトリコロニー」のような、最初はどうかと思ったけれど、
意外性のある展開にグイグイ引き込まれていくタイプの作品です。

とにかく楽しめました。
むしろ見せすぎでは?と思うほど。

ですが、気になるのは、演出面の弱さ。

話の筋は凄く面白くて、相当の傑作になると思います。
が、場面の見せ方がどうしても弱い。
物語に負けていると思います。
本当は、相乗効果が見られないといけないのに。

場面展開の速度はかなりあります。
けれど、本当は少しずつ、零一の発見や気づきを見せ、
物語を盛り上げるべきだと思うんです。
ha5

本当にちょっとしたことを大げさに表現する、とでもいえばいいのかわかりませんが、
東ましろが、装備展開を早くする裏技を見つけた時、
その表現は、立ち絵が武器を持った立ち絵に変わるだけでした。

そうではなくて、システムがどうなっているのか、などをビジュアル表現することで、
こんなにすごいことを発見した、というのが、画面のこちら側に伝わりやすくなります。
そういうことを演出と呼ぶのだと思うんですね。

それらを、もっともっと力をかけられたら、本当の傑作になると思います。

どんなバカみたいな話だって、演出によって本気にすることで、
その物語は真実として受け手に伝わると思っていますから。

だからマザードラゴン戦も、もっともっと粘るべきだったんですね。
短く処理して良い出来事では無かった。

ha6

とはいえ、ですよ。
サスペンスと笑いという部分を上手くまとめていて、良いバランスだと思います。

そういう時だけ主人公に声を入れたのは、説得力として強力です。
素晴らしい演出です。


登場キャラクタも魅力的ですが、
体験版2では、ほとんどの種明かしをしてしまっているので、
そこから再び、どう盛り上げていくか。
どのキャラクタも悪者にならないと良いのだけれども。

とにかく、先が気になりますよね。


公開したこともないはずなのに、何故かもう世の中に広まっているセカンドの世界。

そして、異変としか思えない事態を起こす。
それは現実世界にも影響を及ぼしており、ニュースになる。

その解決に、アペイリアを向かわせる。
アペイリアネットワークは、アペイリアそのものとは言い難い。
コントロールを取ることなどできなかった。

見たことも無い存在の、ゲームとしてのステータスには現れない攻撃。
そして、このセカンドの在り方に思想を持つプレイヤー。
ha7

現実世界の、見えない観測者。

とにかく、面白そうです。



2017年7月28日(金)発売予定です。