ALICESOFTさんの「超昂神騎エクシール」感想です。
超昂神騎エクシール
2017年7月発売作品。

アリスソフトさんの「超昂神騎エクシール」は、変身ヒロインもの。
神の使徒”神騎”を操り、進んでいくSLGです。

魔王の生まれ変わりと伝えられた央堂継彦は、
その覚醒に手を貸してきた魔王の腹心ベゼルの反逆により、得るはずだった魔力を失う。

魔王を倒すために訪れた天使エクシールは、
戦うための力を得るため、魔王となれなかった継彦と共闘していく……というようなお話です。

それでは、感想です。
やや、ネタばれあり。



さすがアリスソフトさん!と思えるポイントがたくさんあります。

まずは、グラフィック面。
今回は本当にすごいですね。
シリーズ最高だと思います。

変身モノですが、その変身はアニメーション。
迫力がありますし、キャラクタの崩れなども見えません。
また、ネタバレですが進化があります。

変身モノですが、敗北によるシーンがあるばかりではなく、
愛を育む、または、新たな魔力獲得のために、ひどいこともする……のも良いですね。

なぜそうなるか、がはっきりしている所が良いのと、
新たな手法への提案の差し込みタイミングが良いので、納得してしまいます。

プレイヤーとしては、シーンの内容が良いので、期待通りというか。
(正直、そそります)

te4

ゲーム部分ですが、一言で言うと、戦う前に勝負は決まっているシステムです。
マップ上で、どこの敵拠点を落とすか、何を獲得するか。
どのセッティングにして、ボスへ進むか。
それですべてが決まってしまいます。

強化は導魔で行うか、戦闘に勝利するか、MAP上でアイテムを獲得するかになりますが、
メインは導魔になります。
主人公の魔力を消費して行うので、魔力の回復も考えなければいけませんが、
魔力の消費が高いほど、一気に能力アップが見込めます。

能力アップの導魔シーンがあるわけですが、
ちょうどいいんですね。
能力アップを作業的にならなくて良いだけのシーン数が用意されているので。

キリエル、エクシールともに、グラフィックがすごく良い上に、
声の担当されている方が御苑生メイさんと鈴谷まやさんですから、最高レベルなんですね。
素晴らしいです。
この二人のキャラクタが、しっかりヒロインとして成り立っていますよね。
(ちなみに公式ブログでインタビューもあるので、読むと更に納得感があります)
te8


また、同じタイプの2回目シーンも別途収録されていますが、
本当に別なんですよね。
最初は同じでも、発展系になっているもの、全く違う展開を迎えるものなど、
分けるだけはあります。満足感が高いです。

アリスソフトでは初めてだという触手はなかなか面白かったですし、
というか、シーンのテキスト上手ですよね?

シーンへのもう少し欲しかったポイントは、
ハーレムエンド後のシーンを重めにしてほしかったかなーと。


攻略めいたお話をしますと、
一度クリアすると、回想モードで、未回収シーンのヒントが用意されています。
なので、それを見ながら2周めに取り組んでも良いと思います。

最初のプレイで出来る限り多く見たい!なるべく多く回収しようと思ったら、
重要な箇所でのセーブが必要ですが、セーブファイルが99までしかありません。
お話の重要な部分と、選択が必要な箇所、戦闘進行上で必要なところと考えていきますと、
やっぱり足りません。
もう少しセーブファイルはあってもいいかなぁ。

ウィンドウサイズの変更ができないのも、そろそろ対応してほしいなとは思いますが。

で、多くシーン回収しようと思ったら、いろんな導魔を行っていくことです。
te6

導魔には、発展バージョンがありますが、大抵の開放条件には、実行回数が設定されています。
また、後半になると、鬼蓄度、親密度が必要になってきます。
または、選択肢による選択が。

発展バージョンとなりますと、見応えのあるシーンが用意されています。

親密度は高ければ高いほうが良いのですが、鬼蓄度は80が分岐点のようです。
一気に攻略したい方は、80前後まで上げてセーブを取っておくと良いと思います。
鬼蓄度を上下させる導魔を使うことで、分岐に入りましょう。

マップの攻略としては、3層目までが辛くて、それ以降は楽になりました。
日数が少ないので、能力アップしようにも、間違えると困ったことになります。
戦闘の手数を減らさないと、APをどんどん消費してしまいますし、
APをたくさん増やせる導魔は、まだ選べませんので。

ですので、相手の動きを封じる能力を獲得して、
それをボスの必殺技にぶつけるようにしました。
それこそ、1層のグリードは超厄介でしたので。
あとは敵の弱点と、お供の能力封じも考えないといけません。

本当に三層目まではギリギリの戦いでしたね。


正直、某腹心に一度破れました。
ゲームオーバーになったので、能力を増やしてくれたんですよね。

あ、そうそう。
ボス戦前の時には、千里眼を一度は使ったほうが良いかもしれません。

後半は、毎日、最大の魔力を消費した導魔をしていって、
エクシールとキリエルの能力を上げていきましょう。


あ、そうです。
シーン回収、これが難しいです、実は。
能動的に行える、導魔は良いのですが、
ボスに敗北することと、肉欲ゲージを溜めきることが。

ボスには2回敗北する必要がありますし、ゲージは6つ溜めないといけません。
かつ、エクシールとキリエル両方共ずつやらないとけませんので、ちょっと大変です。

ゲージのほうは、下位階と、中位階でなんとかこなせました。
下位階は、いきなりボスに会いにいけることと、
中位階は、日数が長いので、中央突破で残日数を多くとれます。
ボスの攻撃力が強いことも挙げられますけれども。

でもAPリバイブ、ターンアップ、セーブファイルを使うことは必須ですね。

あと1つ、ジャッジメントが埋まらなくて困ってますが…。(99.1%)



OP曲も疾走感があって、この作品にピッタリ。


OPだけではなく、変身アニメが相当かっこよいので、作品中も何度も見直してました。

「エクスアムド!ビートヴァルキュリエ、エクシール!!」
te5

手は掲げて神装を纏う。王道こそ正義です。
アニメーションだから、というだけではなくて、変身シーンがかっこいいです。
かっこよさ重視の作り。
お勧めです。

あ、そうだ、キリエル初期版結構好きですね。今のバージョンも良いですけど。
そしてアズエル様のシーンは無いのですか、そうですか。

ここ数作、アリス作品に触れてきた中で、1番楽しめたかもしれません。
さすがアリスソフト。