SMEEさんの「Making*Lovers」体験版プレイしました。
『Making*Lovers』を応援しています!
SMEEさんの新作は「Making*Lovers」。
体験版がリリースされました。


小鳥遊和馬は、両親から心配されていた。
が、その件は、和馬としても譲れなかった。

だからずっと、彼女ができなかったわけだが、
それでも嫌なのだ。
運命の出会い以外では。
そこからゆっくりと関係を育む。恋愛に過程を求めてきた。

そのことを、仲の良い妹である亜子に、改めて伝える。
だから、友人から合コンに誘われた今も、断るつもりでいた。

「お兄ちゃん、行ってきなよ」

妹も、どちらかといえば恋愛難民だ。
幼いある日、突然に、今日から兄妹の関係だと言われて、少しずつ仲良くなっていった。
振り返れば、それは悪いことではなかったのだ。

「いきなり兄妹になるのも、恋人になるのだって、当人同士が幸せなら……」

背中を押された和馬は、友人の誘いに肯定を返すのだった……。


体験版は、1.02GBでした。

うん。
プロモーション版をプレイした時は、こんな作品だとは思いませんでした。


テンポ良くて場面展開も早くて、どちらかといえば場面場面は短すぎるくらいなのに。
腹が立つほど面白いんです。

一節一節に、ああそうだ、よくわかる、がバシバシ盛り込まれていて、
もうすごいのなんの。

登場人物は、誰もが、何かちょっとしたことができなくて、
あるいは臆病で、タイミングが掴めなくて、
そんなヒロイン5人と主人公が、小さな繋がりを持つ……というところがスタート。


で。びっくりなのが。
魅力的だと思うヒロインが、一人ではないのです。
というか、どのヒロインも魅力的だというのが、ちょっとびっくりしています。

もう少しこのヒロインと会話していたい。
そう思わせる。すごいことですよね。
それが、5人も居るヒロインのすべてに思うことだ、というのは。

唯一気になるのは、この体験版プロローグで、
ヒロインとの関係のスタート、全てになっていないかな?ということ。
だとすると、ちょっと短いかな、とは思うんです。

しかし今作、”交際してから育む恋心”です。
付き合ってから、関係を深めていくことに重点を置いているのかもしれません。


この主人公だと、やっぱりチャンスをフイにして、
結局、義理の妹である小鳥遊亜子(羽鳥いちさん)ルートに入りそうです。



社会人になり、独り暮らしをしている和馬の部屋にも遊びに来るくらい、
仲の良い亜子。
亜子からの一方的な好意ということもなく、
主人公は主人公で非常に甘やかしています。
実家に戻った時には、好物のしらすパスタを作ってあげるのが常のこと。

最近、自宅がリフォームされた。
それは良いのだけれど、過ごしてきたものが全て変わってしまい、
記憶の中だけに残っている。
一緒に積み上げてきた物が消えていく。
それが寂しいらしく、遊びに来るのもそういう理由だったらしい。

超かわいいですね。
びっくりしました。こんな子だったんですね。


でも、驚くのは、他のヒロインにもこれくらい魅力、惹き付けがあること。
物凄い作品だと思います。


唯一良くないのはシステム面。
ウィンドウがアクティブでないと、消音になってしまったり、
ウィンドウサイズの調整ができなかったり、セーブファイルが少なかったり。
ここはずっと更新されていませんね。すごく残念です。

また、キャラクタグラフィックも、もう少しなんとかして欲しい。
恋愛作品ですから、表情はすごく大事だと思うのですが、
そこが弱いですよね。

ですけど。
恋愛のストーリーとしては、素晴らしく上級です。

面白いSMEEさん、それが帰ってきました。
これは、買いましょう。


2017年11月24日(金)発売予定です。