藤森ゆき奈さんが引退されるとのこと。
またしても、残念なニュースです。

所属されている事務所ロックンバナナによりますと、

「藤森 ゆき奈」退所のお知らせ (2017.12.29)
「藤森 ゆき奈」は本年を最後に声優を完全引退いたします。
MasSawadaから (2017.12.29)
本人としては、やり切ったと言う事だと思いますが、もう一切の声優業の仕事は行わないと私に宣言が有り
声優は、完全引退、とのことです。

振り返ってみると、藤森ゆき奈さんは印象深い方だと思います。


SkyFishさんの「はるかぜどりに、とまりぎを。」で、金田秋穂という役をされていました。
メインヒロインたる春音の親友ながら、春音を妹のようにかわいがる。
ルートに入っても、もう少し幸せにしてあげたいお話だったと覚えています。


エスクードさんの「あかときっ!」丸河凛子
キャラクタより落ち着いた声のインパクトが強かったですね。


ALcotさんの「キッキングホースラプソディ」芹摘聖
真面目で恋愛お邪魔団の少女ドン。
団員に隠れながら……というのも良かったです。



SORAHANEさんの「さくら、咲きました」湊美羽
ちょっとニヒルな雰囲気のある、ディーガル店員さん。


天狐さんの「英雄*戦姫」マルコポーロ
お姉様たるフビライを慕い、そうじゃない主人公にはお前呼ばわりで素敵でした。


コットンソフトさんの「終わる世界と双子座のパラダイス」メリクリ
本編たる「双子座のパラドクス」では、怪しい存在としてしか認識していませんでしたが、
この作品で、元祖としての姿を与えられ、下廣ツバサとしてドラマを背負ってからは、
少ししんみりしましたね。


FLATさんの「ひこうき雲の向こう側」佐藤理沙
物語が幕を上げるのは、この佐藤さんがいたからこそ。


ま~まれぇどさんの「PRIMAL×HEARTS」駒形ゆづき
ピリピリした月華会の良心。アルバイト先の喫茶店ラプンツェルでは人気がありすぎて、
ゆづき目当てのお客さんがちらほら。
良い子でしたよね。


hibiki worksさんの「PRETTY×CATION2」姫川穂波
商店街にある花屋の娘。
お母さんに冷やかされて赤くなったり、純でかわいらしい子でした。



Escudeさんの「Re;Lord 第三章」イリス・クルーク
第二章から登場したケルンの魔女。喜の感情から遠いタイプ。
その理由が第三章で明かされて、そして物語が終わっても、
彼女は本当に喜の感情から遠いんだなと、寂しく思いましたね。


HOOKSOFTさんの「トラベリングスターズ」フィン・シェアード
天使族としてほわっとした雰囲気。
キャロリーメイトが好物になってしまうという。


ういんどみるさんの「アンラッキーリバース」アリア・セレスティア
なぜか餃子がとにかく好き。



あざらしそふとさんの「ロイヤルガーデン」鳳凰院綾香
先生、いつルートに入ってくれるんですか。


キャラメルBOXさんの「機関幕末異聞ラストキャバリエ」斎藤一葉
最初こそ、沖田に良い感情を持ってないながらの新撰組合流ですが、
だんだんと打ち解けていくところなど、固さと芯の通ったところが魅力でした。


ハイクオソフトさんの「面影レイルバック」吉岡なのは
選択肢はあるんですが、なのはは選べなかったです。
おませなところがかわいらしい。


Parasolさんの「桜ひとひら恋もよう」上川若菜
サブヒロイン枠なのに、メインヒロインに匹敵する力を持っていました。


MOONSTONEさんの「サクラノモリ†ドリーマーズ2」秋津まどか
「今度こそ私のこと、迎えに来て」
行くに決まってます……。
他のヒロインも素晴らしかったと思いますけど、
間違いなく秋津まどかが正ヒロインだと思うんですよね。
2が出て、色々なまどかを見ることができて、本当に良かったです。


振り返っていたら、とてもしんみりしてきました。
藤森ゆき奈さん。本当にありがとうございました。
いつでも、戻ってきて頂いて構いませんから。
……という気持ちはあるのですが、それだと、決断を尊重してないことになりますね……。

藤森ゆき奈さんの公式ブログも、ツイートもなくなってしまうそうなので、
声をかけたい方は、間に合うように。