あかべぇそふとすりぃさんの「アイラブ 恋する乙女はキカイ仕掛け」体験版プレイしました。

あかべぇそふとすりぃさんの新作は「アイラブ 恋する乙女はキカイ仕掛け」。


「ついに完成したんだ……心を持つアンドロイドがッ!」
生島恭治が快哉を叫ぶ。

人の生活を支えたい。
ずっと、開発を続けていたロボットは、
便利なだけの道具だと、ユーザーにリジェクトされた。

そうじゃない、心があるアンドロイドを作ろうと、季節を超え研究に打ち込んだ。

そして今日。2人の新たなアンドロイドが産まれる。
それが彼女たち――ルクスとスフィアだった。
11
体験版は、619MBでした。

原画は、さえき北都さん。

産まれたアンドロイドたちは、
女性として人を愛することができるようにして欲しいと開発者に依頼します。
そのための機能が欲しいと。

機能が付いたからには、当然、使いますよね、という展開のようです。


こう、説得力は高いレベルにあると思うのですが、
でも、ちょっとだけ、安直にロボット、AIとしていないでしょうか。

ヒロインを3タイプ用意した形になっていて、
それはいいんですが、それだけ……とも捉えてしまえます。

話が早くて良いと思うのか、そうではないのか。


この展開で、一番気になるのは、資料提供(意訳)した、妹さん。
唯さんではないでしょうかね。
どんな風に資料提供してくれたのか。

ええ、ロップまで妙なことを言い出さないか不安になった恭治よりも、
遙かに心が汚れていますよね……。

2018年3月30日(金)発売予定です。