でぼの巣製作所さんの「神楽黎明記~小春の章~」体験版プレイしました。

でぼの巣製作所さんの新作は「神楽黎明記~小春の章~」。

巫女として神社を手伝う小春は、神主から恐ろしい話を聞く。
参拝に来られた方が、襲われたというのだ。
それも、首の無い馬に。
この神社の周囲に妖怪が大量発生している。
恐ろしい話に、小春は助けを呼ぶことを提案するが、
どうも霊的な干渉を受けているのか、助けが呼べない。

「……わ、分かりました……小春、行ってみるです」
kr9

体験版は、243MBでした。

ローグライクRPG、神楽黎明記。
次は小春(姫川あいりさん)が登場です。

気持ちの優しい小春。
今作では、小春は武器を持ちません。
代わりに霊力を放ちます。これは2マス先までの攻撃。
アイテムも武器ではなく、髪飾りとなります。

技もちょっと変わっていて、金縛り、は良いとして、
生命献上という、体力を1にし、気力を回復させる技があります。
その他、幽体偵察は、小春が初登場時にも近い展開がありましたね。

kr8

技が重要かというと、そんなに進行がガラッと変わることもなく、
敵も新キャラクタが登場するくらいです。

体験版で登場したのは、木霊、鎌鼬、油すまし、畳叩き、経凛々。
油すまし、大人気ですね。

人気なんですが、やっぱりシーンの長さが物足りないです。
あっという間。
この部分は、本当に解消して欲しいと思うんですよね。

せっかくの姫川あいりさん。かわいらしい声ですから。

しかし、髪飾りだとして、それが錆びる、となると、
なんていうか、それはそれで変わったシーンが描けそうでは、ありますけどね。
そういう新提案もあったら良かったかな。

経凛々なんて、何でもありのはずなので、もう少し驚きの展開があってもな、というか。



今回もタペストリーセットがあります。


2018年4月27日(金)発売予定です。


あと、公式サイトを見ていて気づいたのですが、今後、雷堂なずなも登場する予定です。