catwalkNEROさんの「アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の刻印」体験版プレイしました。

catwalkNEROさんの新作は「アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の刻印」
4

惑星アースの中心国家であるアスガルド王国は、
主神オーディン及び彼の家族、臣下であるアース神族が統治している。

その勇猛さと美しさで、女神アナスタシアが率いるヴァルハラ兵団は名を轟かせていた。
第一王女ブリュンヒルデたち女神たちで構成されている。
アスガルドに敵対する巨人族の国ニブルヘイムの攻略も女神たちの活躍でなんなく退けていた。

人間と神族のハーフ、デミゴッドのロキは、ブリュンヒルデに袖にされたことを根に持ち、
反旗を翻すも、あっさり捕らえられていた。
「くそっ……くそぉっ……あいつら……絶対に……ゆるさねえっ」

牢獄の中、ロキに話しかける声がある。
巨人族の炎の巨人スルト。
スルトは、ロキに瞳術ハックを授ける。それで女神達の精神を支配できると。
「ブリュンヒルデ……アナスタシアめ……待ってろよ」


体験版は、1.26GBでした。

ポスターを余所で見て、少し気になっていた作品でしたが、
発売が今月だとは気づいていませんでした。

原画は、七彌さん、saxasaさん、へいろーさん。

シナリオは、筑摩十幸さん。
公式サイトによりますと、ブランド作品『淫堕の姫騎士ジャンヌ』や『聖徒会長ヒカル』
『聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ』などのヒット作の著者とのことです。

また、アナスタシアというキャラクタは、ブランド複数作品に登場しているとのこと。
そのアナスタシアをメインに据えて、様々なバリエーションのシチュエーションを用意しているようです。

詳しくは、公式サイトのポイントページを。

この作品、ノベル版があります。
体験版をはじめると、最初にムービーを強制的に見せる仕様です。
これ良いですね。他の作品ですと、クリックするとムービーがスキップできてしまいますが、
大事なムービーである場合もありますから、強制的に見せてもらった方が良いのかも。
ついクリックしすぎてしまうんですよね。

プレイして見ると、タイプの違うヒロインを同時に責めていくので、
飽きが来ないというか、どれか一つは気に入るものがあると思うんです。
製品版もかなりバリエーションがありそうだなと思う編集でしたので、
これは期待して良いのではないでしょうか。


2018年4月27日(金)発売予定です。

特典として、書き下ろし「アナスタシア ~被虐の新婚生活~」や原画が収録された小冊子、
「アナ姫 SPECIAL BOOK」が付属します。

Getchu.comさんの予約ランキングで結構上位ですよね。
当日発売のぱれっとさんの「9-nine-そらいろそらうたそらのおと」を上回っています。