京都アニメーション作品「リズと青い鳥」感想です。


2018年4月21日公開。

「リズと青い鳥」は、
北宇治高校吹奏楽部に所属している三年生、
フルート担当の傘木希美と、オーボエ担当の鎧塚みぞれとの物語です。

二人が最後に出るコンクール。
課題曲は「リズと青い鳥」。
そして、この先の進路も決めなくてはならず……。
「あなたは自由であるべきよ。そのしなやかな翼で、どこまでも高く飛んでゆけるはず」
「さよなら、わたしの青い鳥」


それでは感想です。


素晴らしい作品でした。

何が素晴らしいか。みぞれと希美の、二人の描き方です。

アニメーションの場合は、少なくともアニメーターが作ってくれるビジュアル部分と、
声をあてる声優さんとが複合している。
全てがそうだとはいえませんが、この時、台本を読んで、
絵を見ながら合わせてセリフを発します。
ここで、大きく違いが出てしまうのでしょうね。
(海外作品だと先に喋ってもらって、そこに映像をつけます)

だからマッチング度合いが高いのと、画面を見ているこちら側への訴求力が高いのでしょうね。

だからこそできることをやってのけている。
それは、セリフの少ないみぞれの表現。

口下手なみぞれは、あまり多くのことを語りません。
PVにある、「希美は、いつも勝手」というセリフは、彼女にとって長いほうです。
ちょっとしたため息、つぶやき程度。
または、動きから拾うしかないのです。思っていることを。
それを見事にアニメーションで表現しているのです。

大人しくて動きも派手ではなく、それこそ歩幅も狭い。
でも希美と一緒に居たいから、早めに行って待ってる。それがみぞれ。


社交的な希美の周りには、多くの人が集まる。
後輩たちにも慕われ、あだ名で呼ばれたりする関係を築き、
部活の後はファミレスに行ったりもする。
そこにみぞれは加わることができない。パートも違うし、みぞれは希美と居たいだけだから。

一時、吹奏楽部を離れてしまった希美だけれど、パート練習の時は、笑いや会話が絶えない。
のぞみに伝えたことを忘れてしまったりもする。


二人の動作が対比されたり、ちょっとした動きで心情を表現したり。
そこがすごく大切に表現された作品なのです。

大きく歩幅を取って元気に歩く希美の後ろ姿は、ポニーテイルが揺れて。
そう、演じられた東山奈央さんが本当に動くとやっていらっしゃいましたよね。


こういう表現が、作品で描かれています。


楽曲「リズと青い鳥」で描かれているのは、リズと青い鳥との、別れ。
希美と一緒に居られる吹奏楽部が迎える最後のコンクール。
「本番なんて来なくていい」
繰り返される左手で髪を触る動き。みぞれの心の表現ですよね。
青い鳥は、行ってしまうのか。
二人の関係は、終わってしまうのか。


本当は、スピンオフ作品ですから、
響け!ユーフォニアム」というタイトルをもっと主張しても良いはずです。
が、出てきたのは、エンディングロールのみ。

キャラクタも「響け!ユーフォニアム」には寄せていません。
なお、この作品らしくて素晴らしかったのです。

本編がなければ生まれなかった作品ではありますが、
独立していて、独自の雰囲気を持つ存在に作り上げられました。

なので、「響け!ユーフォニアム」を観ていなくても楽しめます。


公開はほとんどの地域で終了してしまっていますが、
上映がこれから始まったり、極上爆音上映が行われるところもあります。
ぜひ、劇場で楽しんでほしい作品ですね。


DVDとBlu-rayの発売も決定しました。
2018年12月5日(水)発売予定です。