Escudeさんの「闇染Revenger」感想です。
『闇染Revenger-墜ちた魔王と堕ちる戦姫-』応援中!

2018年6月発売作品。
エスクードさんの「闇染Revenger-墜ちた魔王と堕ちる戦姫-」は、
”戦うヒロイン闇堕ちバトルADV”。

女神フェインとの戦いに敗れ肉体を失い、
この世界に魂だけを逃がした魔王クライブヘルツ。
学園生の城山和範は、魔王の魂を同化させられてしまう。

一方、異世界の英雄たちも魔王の魂を追って協力者を求め、
その一人は、城山和範の幼馴染みでとても世話焼きな、朝比奈彩華に。

魔王は、姫騎士アーネスト=彩華を返り討ちにし、
そして……。

そんな導入でした。

それでは感想です。
ネタバレは、あるような無いような。



製品版をプレイされた方は分かると思いますが、
起動した時点で、SNSでネタバレ自粛のお願いなどがなされています。
また、動画配信は禁止になっていますね。
なので、気をつけていきたいところです。

まず、修正パッチ。
現在1.02までリリースされています。
まだアクイラのシーン音声がおかしい、
スキル削除するとパネルにセットした覚えのないスキルがセットされる、
リザルトではセットされていないスキルが伸びるなど、
スキルをゴミ箱に捨てた際にセットコストの上限以上のものが装備できてしまう不具合、
1.02でも完全に修正されていない箇所がありますが、当てておいたほうが安全にプレイできます。

アドベンチャーパートと、バトルパートで進んでいきますが、
なかなか軽快なバトルパートで、飽きませんでした。
技の開発や会話パートも楽しいですし、面倒なところもありません。

様々なタイプのキャラクタがいますが、ヒロインがかなり特徴的です。

そして何より、そのヒロインが、どうにかなってしまうシーン部分。
この作品で、新しい扉を開いてしまった気分です。


ネタバレではないのだと思いますが、公開されている箇所を中心に表現していきます。
というのもですね、多少解釈が違うのでは?と思うのですが、
その気持ちのままプレイを終えてしまって、かつ満足しているからなのです。

本当にオススメなんです。「闇染Revenger」。

まず、この朝比奈彩華の公式紹介動画をご覧頂きたいのですが。


5人の異世界英雄の協力者は、城山和範の仲の良い学園の知り合いに宿ります。

動画にもあるように、変身、なんですよね。
意識はあくまで肉体側が優先され、感化された喋り方になるということ。
口調が変わります。
意識はあくまで肉体側。異世界英雄を演じているようなもの。
大事なところなので繰り返します。

主人公(?)の和範は、作中にも出てきますが、
魔王クライブと成ると、肉体のコントロール権もクライブだけになり、
和範は、クライブが見ている光景をモニター越しに見るようなイメージ。
ヒロイン達と同化具合が違います。

魔王が倒すべきヒロインは5人居り、
バトルで勝利すると、魔王は環境を意のままに操れるエゴセントリックゾーンで、
様々なシチュエーションでヒロインを追い詰めます。

ヒロインは5人。
動画にもありますが、変身したキャラクタに沿った形で、対応シーンが設計されています。

姫騎士アーネストは、ファンタジー寄り。
神罰代行者アクイラは、変身ヒロインならでは。
装甲少女サイレンスは、機械。
魔法少女シトロンは、ステージ。
黄昏時姫ラビリンスは、主従。

これを繰り返し、公式サイトでは闇堕ちを推しています。
衣装が変わり、開放的になるようなイメージはつくと思います。


しかし、ですね。
この作品、闇堕ちが主ではないように捉えたのです。

分かりやすいキャラクタとして、綾瀬奈緒=サイレンスで表現します。

綾瀬奈緒(赤井リアさん)は、文芸部の下級生。
物静かで、会話が得意ではないのか、ゆっくり。
部室で本を読んでいると集中しきって周囲に気づかなくなるほど。
ある事情を抱えては居るけれど、文芸部では、和範や久喜沢心桜と楽しく過ごしています。

それが、圧倒的な火力で戦闘後には静寂が訪れることからサイレンスと呼ばれる、
機械生命体との戦いに明け暮れる英雄の協力者に。
サイレンスもあまり喋るほうではないが、過ごしている世界が違うからか、
キリッとするようになります。動画の通りですね。

奈緒は、和範のことが気になっています。
「先輩は、意外と鈍いです」
どうして文芸部に入ってくれたのか。
そんな質問を和範からされると、そんな答えを返します。
かわいいです。
当然ですがこのやり取り、セーブしました。

最近その気持ちを推してくれるのは、
幼馴染みの異性がいる男の子を好きになってしまった、弱気な女の子の恋愛小説。
自分のことのようで、新刊を楽しみにしています。
かわいいですよね。

プレイヤーは、魔王クライブとなってこれを倒し続けるわけです。
勝利者の権利として、初めてはおろか、幾度もその身に刻み込む。

繰り返しになりますが、肉体も意識も奈緒のもの。
変身して意識は混ざり合っても、です。

奈緒自身に、その自覚があります。
自分がされていて、恥ずかしいのに嬉しいと。

肉体を責められ精神も砕け、そのうちに堕ちていってしまう。
その時に。
サイレンスに変身した奈緒は、想う先輩のことを口にするわけです。

そして、過程があって、闇堕ち。

分かりますか。
気持ちは他の人にあるけれど、目の前の快に抗えない、ってやつです。
だから、
「先輩、ごめんなさ……い……」

日頃とても大人しく、好ましく思う部活の後輩が、魔王の手によって何度も、
そして最終的には。
yr18

でも、そういうタイプの作品と大きく違うのは、
直接的に抉ってこないところ。
そっち側に行ってしまう、んだけれども、気持ちは残したままなんです。

そういうタイプの作品で変化しきったキャラクタは、
主人公または画面のこちらに向かって、
だからあなたは要らない、というようなことを宣言します。

それが無いんですよね。
そこが大きく違う。だから安心して楽しめるのかなと思います。

でも、キリキリどこかが痛みます。
堕ちたら魔王に頂かれてしまうわけです。
「先輩とそっくり」と言いながら、相手に身を委ねてる。
「こういうの好き?」なんて聞きながら、相手を喜ばせようとする。
もう完全に、そういう意味でも堕ちていますよね。

流れている音楽は、ハートフルな曲『My Eyes Off you』だったりして、
あーもう、あーもう。
つまり、本当にそういう作品です。
闇堕ちを楽しもう、じゃなくて、そういうのを楽しもう、です。
(ただしマイルド風味)

これを彩る要素はいくつもあります。

ヒロインがまず、そのままで魅力的だということがひとつ。
体験版の時にも思いましたが、
本当に日常の、ゲーム内での日中のやり取りは素敵なんですよね。
そこで会話されるのが、本当に朗らかな日常というか。
聞き漏らしたくないセリフの数々。
セーブファイルの多くは、この会話のやりとりで使っています。
どのヒロインも魅力的なんですよね。
恋愛ADVなのかな、と思うくらいに。
ちょっとしたことを大事にしながら日常が進んでいく感じ。
yr16

例えば、霧島怜音は、元生徒会長なのに、現生徒会から頼られっぱなし。
何か困ったことがあると泣き付かれる。
購買で手が足りなければ手伝い続け、運動部員のオーダーを覚えてしまうほど。
そんな小さな姉御こと霧島怜音を、城山和範は手伝います。
「お前もお人好しだな」
「先輩がそもそも」
和範には直接言わなかったけれど、周囲には漏らしていて、良いヤツだと認めています。
青春そのものが描かれています。

でも、夜になれば変身し、魔王と戦っています。
そして、敗れて……。
体験版の時にも出てきましたが、
彩華などは、「あげたい人にあげられなかった」と涙します。

一人攻略して、本人に悪影響が無さそうだと和範は安心してしまいますが、
画面のこちら側は全く安心できません。

そして。
ヒロイン達によると、魔王と和範は肉体的にもちょっと違うそうです。
ヒロインによっては、同じものとして感じられるそうですが。
両方味わって、それを肯定しているからこその発言ですよね。
だから違いを伝えられる。共通を喜びとして受け入れられる。
いやもう、なんというか。

こういうヒロインが、日常はあんなにもラブコメをしているのに、
シーンに突入すると、唐突に特別な語句を放つの、不思議ですよね。
でも、「闇染Revenger」の場合は、その理由がきちんと明示されています。
ここをしっかり表現しているのは、すごく良いですね。
これもまた、堕ち加減を伝えてくれています。
どんな内容かは、あえて書きませんけれど、
画面外でヒロインが何をしていたか、敗北後のことをどんな風に捉えていたか、
よく分かるんですよね。
(だからこそ尚更、他の人に持っていかれてしまったような感覚が増す……)

この理由、霧島先輩のを読んだ時、衝撃を受けました。
あんなに勝ち気で頼りがいのある先輩が……と。
奈緒は、それだけではなく、他のことも。
奈津姫さんは奈津姫さんらしく。
あ、そんな風になっちゃったんだ、してたんだ、と。

また、途中の汎用シーンもなかなか。
はまっていく、堕ちていくのがよく伝わります。
堕ちた後、日常での交わりは、堕ちているからこそ、
今のヒロインがこうなったという実感が出ています。


会話面で面白いのは、ヒロインの日常と変身後の差異です。
でも同一体で、演じているのが近いので、明確な差が無く、
一つのセリフで魔法少女シトロンと霧島怜音を行ったり来たりします。
yr17
「守備範囲の話なんて聞いてないよ!」がシトロン。
「あとちびって言うな!」が怜音。
こういうキレのある切り替えセリフ。
これはもう、指示もさることながら、どの声優さんも見事でした。

そんな、シトロンではなく霧島怜音(田中理々さん)良かったと思います。
この過程がなければ、きっとこんな人にはならなかったという深み。
味わい深いキャラクタになっていました。

キャラクタによってはややブレが生まれていますが、
これ、クリア後のコメントにもありますが、
軌道修正しようと、後から何とかしようとした結果だと思うんですよね。
だから堕ちた後のシーン中の会話と、その前が噛み合わなくなっていることがあります。

どうせなら、例えば、サイレンスと戦って勝ったとして。
翌日、楽しそうに会話をした時に、
「和範さん。ライバル、多そうですよ?」
そんな風に囁かれたら、照れつつも一瞬暗い顔をするとか、入れても良かったくらいです。
yr15
(奈津姫さんは、堕ちない形でエンディング見たかったかも)


音楽だけでなくて、音周りが良いです。
こういう作品では忘れられがちな環境音、しっかり入れて、
臨場感というのかな、盛り上げてくれています。
休日に出かけていたら、たしかに騒音とか車の音とか、何かのブレーキ音とか。
遠くの方で聞こえたりしますよね。
そこで会話している雰囲気というのかな、そういうのがあります。

同様に、モーター駆動音。強くしたら大きく鳴りますし、
あとは化け物の声、入れてくれているのがあって、良いですよね。
そこに手を抜いていないの、すごく大事です。


グラフィック、目にハートマークがあるのではなく、
瞳孔とオーバーレイのところをうまく描いているのですね。
最初からハートマークがあるように見えてしまっていましたけど。

エスクードさんの場合は、元々クオリティが高いのですが、
グラフィック、相当良いと思うんですよね。
どの画面を見ても安定感がある。乱れがない。
それでいて場を盛り上げるような仕上がり。
魔法少女シトロンへの責め。いつものセリフを口にしながら、
表情にシャドウを入れています。
戦闘中なんかもそうですよね。

UI周りもそうです。すっきり。
EXTRAのGALLERYとSCENEで、ヒロインの表情が違うとか、
細かいところですけど良いですよね。

ちょっとバックログやセーブをしたくらいでは、
AUTOモードが解除されないの、本当に親切だなと思いますね。


さて。攻略めいたお話は既にSNSなどで情報がたくさんで回っていますので、
改めてお伝えすることも無いと思うんですが。

バトルデッキのお話。
yr19

パネルはゲージが溜まっていれば、上から順番になります。
なので、キャスト時間を考慮しつつも、組み合わせを整えたほうが良さそう。
例えば、10sec攻撃力10%アップのパワージェネレートを上に、
その下に攻撃のダークインパクトを入れておくと、
付与された状態で攻撃できます。
先にダークインパクトがチャージされきりそうであれば、
別なパネルに移動させて、パワージェネレートが貯まるのを待って、
また元のパネルに戻せば良いわけです。

デッキを成長させる拡張ポイントは、999までしか持てません。

戦闘中右クリックメニューに、戦闘やり直しがあります。
うまくいきそうにないなと思ったらすかさずどうぞ。(今頃気づいた)

エスクードさんのこれまでの作品と同様、周回が前提の作りになっています。
まずは周回してみるというのが一番の攻略法じゃないかなと思います。
その上で、この周では誰を中心に攻めてみる、
さらに、新しいスキルの開発、敵対策をこの周でやると決めて進めると、
コンプリートも早いと思いますね。
周回ボーナスもあります。

闇染モードで相手が逃げ出すタイミングを掴む。
ダウン回数を増やしてもボーナスはほんのりしか増えない。
次の戦闘を考えて早めに仕留めてしまうべき。
交流パートをしっかり進めないと闇染もシーンも解放も成功しません。

周回すること前提はありますが、
2周目くらいまではとにかくじっくり読みながら進めたほうが楽しめます。

あと、これはバグみたいなものと捕らえていますが、
クイックセーブ→クイックロードで、設置されたイベントが変わってしまう。
回避はなかなか難しいです。

特殊のお話ですが、必ず最後のハートジェムで、というわけではないようで、
全く攻略を進めていない、3回目のアーネストに発生したのですね。
現在時点では好感度優先、特別パターン優先なのかなと思います。

朝比奈彩華というか今谷皆美さん素晴らしかったですね。
彩華が一番ショックだったかもしれません。
やっぱり体験版で感じたことは間違いではなかったようで。
そうか、そうか……。

yr20

いやー、それにしても凄い作品でした。
リアルアイムバトルで倒していく作品だとばかり思っていましたが、
意外なところで楽しめました。
正直、シーンには期待していなかったんですね。
セミオートのリアルタイムバトルだけで、相当楽しめそうだなと思っていたので。

繰り返しになりますけど、
素の性質と変身後の性質を、シーンの間に行き来させてセリフを言わせるのって、
コンセプトとして素晴らしいと思うんですよね。
これは、なかなかありません。
そしてそれを見事に声優さんが演じている。
さらに、日常は焼き餅込みの恋愛発展可能性高いやり取りが行われる。
3度美味しい。
あ、そうだ。闇堕ちして記念に持って行かれてしまうので、
そういうの好きな人は4度美味しいですね。


あ、あと。
日常での交わりが種類、もうちょっとあっても良かったかなと。
闇堕ちバージョンでも2種類はあるのに、学園内が1種類しか無いのは寂しい。
というか、もっとください。シーン中の会話もなかなか良いので。
綾瀬奈緒が部屋に来て、お気に入りゲームのパッケージ見つかって、
談笑して帰すとか何事ですか!
そのままお部屋で仲良くしない理由が分かりません。
というか彼もお気に入りの「Re;Lord」、続編待ってます。

これは欲張りですが、
ハッピーエンドがあっても良いのかなと思ったりして。
この過程を経ないと、というのは、ヒロイン達の健気さを見ていると、寂しく思いますし。


解釈が違うのかとずっと思っていたら、
クリア後のスタッフコメントである意味肯定されていたので。
というか、作中、何度か「クライブに取られるのは嫌だな」ということを和範思っていますし。
これはそういう作品で確定かもしれません。
これが、ネタバレのお話。
エスクードさんがこういう作品を出すとは思っていなかったので、びっくりしましたけどね。

そういう目的で捉えても、今期トップクラスだと思いますね。
属性、趣味趣向が合う方はぜひ。オススメです。

痛いのはやだな、でも興味はある、という方に。

あ、パッケージの耳。今回も良かったです。



音楽、バトル系の曲がとにかく上手いですよね。
『Limit of Crisis』から『And The Rhythm Goes on』、『What You are』へ。
盛り上がるんですよね。つい力入っちゃったりして。
日常曲『Time of Your Life』が映えるますね。
もっと『Sunday In The Park』が活きるようなイベントがあっても良かったかも。

そういえば、クリア後のコメント、いつ頃からかTOY[Studio Primitive]さんのだけ無いですね。