Loseさんの「まいてつ」が人吉市とコラボレーションした、
【まいてつ×人吉×球磨焼酎】まいてつラベル 球磨焼酎3本セットを購入しました。


コラボレーション商品ではあるのですが、
実は、”精髄ひとしずく”は、コラボレーションされる前から、作品内に登場したものなのです。

作中の舞台、御一夜にある右田一酒造。
その杜氏で、主人公、右田双鉄の義理の姉でもある右田真闇が、
工場誘致以外で御一夜を盛り上げることを目指し、
右田一酒造の看板商品”右田一”ではない、新たな銘柄の酒を作り上げようとする。

今までとは違う醸造管理、これをレイルロオドに任せ、
SLに乗った体験から、酒米と濾過を新しくし……。
「SLから、感じさせてもらったけん」
「うん――分かる気がする。これこそまさしく、蒸気焼酎の名にふさわしい」
「ハチロクちゃん、分析力と作業精度がすごかけん。
 ちょっと真似できん域まで突きつめてくれたとよ」
「突き詰めた、か。……精髄、だな」
何を足しても、何を引いても、この味は無残に壊れるだろう。

「人とレイルロオドとの、火と水との力で精製した。
 これこそ、まさに蒸気の精髄たるひとしずくだ」

mt31
「ひとしずく――
 蒸気焼酎・精髄 -ひとしずく-」
そしてISCへ挑戦していく……。

もう、この場面を何度も思い返しては、涙が出てきてしまいます。
いえ、”精髄ひとしずく”と聞いただけで反応してしまう。

なので、即座に買ってしまいました。
日々姫の夢、精髄ひとしずくともに、キャラクタがついたラベルではありますが、
さりげないラベルになっていますよね。
それでいて、印象的な。
mts

封を開けるのに少し勇気が要る、もったいない気持ちもあるのですが、
近いうちに。


「まいてつ」、すごく良い作品なので、未だにオススメですよ。