TOKYO ERG SUMMIT VOL.33」が渋谷LOUNGE NEOで行われました。

このイベントは、タイトルが示すとおり、もう33回目になるようです。

渋谷LOUNGE NEOを拠点とし、2012年から始まっています。
そして、ずっと続いているということが何より素晴らしいと思います。
イベントの継続は商業だろうとなかろうと、難しいですから。

この日は雨が強く、入場も遅れてはいたものの、
運営の方々が傘も差さずに入場受付と案内をしてくださって、恐縮しますね。

ただ、構造上、5Fまでエレベーターですから、
どうしても混雑してしまう。

結果、スタートのkiccoさんが始まってしまってから、
会場に入ることができた方も居たようです。

会場はほど狭く、演者さんとの距離が柵しかない状態ですが、
それでも壁を使い2面にムービーが投影できるなど、なかなかない環境でした。

バーカウンターがあり、ドリンク代は600円でしたが、カクテルも豊富でした。

さて、トップは、10周年記念ライブを終え、
その後、「放牧されていた」というお話のKiccoさん。

歌は格好良い曲も多いのに、非常にフレンドリーなトークで楽しませてくれました。

10周年記念ライブで何かあったようで、リベンジのつもりで立った、とのことでしたが……?
リベンジのリベンジがあるようで、それは楽しみですね。
滝からのフリーフォールにはお気を付け頂きたいところです。

1.『星のようになりたい』-「世界と世界の真ん中で」OP
世界と世界の真ん中で 2014年1月31日発売予定!



2.『ユメトツキ』-「タユタマ2-After Stories-
『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!



4.『Frame Over』-「縁りて此の葉は紅に」ED
『縁りて此の葉は紅に』2018年1月26日発売予定!


2番手は、夢乃ゆきさん。

2日続けて同じ曲を歌ったり、カヴァー曲を歌って良いかメールを出し、
無視されても仕方ないと思っていたら快く応じてもらって嬉しかったり、
今後もイベント参加が目白押しだそうです。

持ち歌が少ないので……と歌った同人曲、なかなかでした。
6割の人がこの曲を聴きに来ているのでは、と歌ったラストの曲は、
大盛り上がりでしたね。Wow Wow Wow大合唱。


5.『ポンコツロケンロー』-「僕と恋するポンコツアクマ。」OP(cover・AiRlさん)
スミレ『僕と恋するポンコツアクマ。』応援中!



6.『いつまでも恋してる!』-「いつまでも俺は母に恋してる!」OP
ANIM「いつまでも俺は母に恋してる!」を応援中!




7.『シアワセバニラ』-「となりに彼女のいる幸せ~Winter Guest~」OP



8.『雪の街 キミと』-「アマカノ~Second Season~」OP(cover・Ducaさん)
あざらしそふと3RD PROJECT「アマカノ~Second Season~」


9.『カレイドスコープ』-オリジナル(FROZEN QUALIA







三番手はyuikoさん。
歌詞提供も行っているyuikoさん。
kiccoさん、Ritaさん、MAMIさんとも仲が良く、最近の推しは夢乃ゆきさんだそうです。



11.『petit bonheur』-「あなたに恋する恋愛ルセット」OP



12.『Chance to xxx』-「Sugar+Spice!」挿入歌
Sugar+Spice 応援バナー


13.『キミトユメミシ』-「キミトユメミシ」OP
laplacian『キミトユメミシ』応援中!



14.『Devil or Angel』-「しこたまスレイブ」OP
しこたまスレイブ-あるじで姉妹な天使と悪魔-特設ページ公開中!

15.『Fake!』-「嘘デレ!」OP
嘘デレ!12月18日発売!

16.『GLORIUS DAYS』-「恋×シンアイ彼女」挿入歌
Us:track『恋×シンアイ彼女』応援中です。


四番手はRitaさん。
光る円形蛍光灯のようなリズムマシンを初披露されていました。
聴かせる担当です。



17.『果てなき未来』-「果つることなき未来ヨリ」OP



18.『ツキソメ』-「月染の枷鎖」OP

19.『塔の下のエクセルキトゥス』-「塔の下のエクセルキトゥス」OP
アストロノーツ・コメット『塔の下のエクセルキトゥス』を応援しています!



20.『CRISIS BEAT』-「オトメクライシス」OP

21.『reach for the runway』-「すまいるCubic!」OP

22.『shield nine』-「恋する乙女と守護の盾」OP
「恋する乙女と守護の楯」応援バナー


最後は柳麻美さん。
エンディングを歌うことが多いので、
盛り上がってきても自分の出番でしっとりになってしまう……とのこと。
とはいえ、そのしっとりは聴き惚れるタイプのしっとり。
見事な歌い上げです。



23.『夏のかけら』-「夏色さじたりうす」OP



24.『永遠の楽園』-「翠の海」ED
Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!



25.『迷ヒ我』-「Erewhon」OP



26.『Wish You Were There』-「未来ラジオと人工鳩」ED
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!



27.『Labyrinth』-「GEARS of DRAGOON2」OP


主催されたyasuさんが仰っていましたが、
こういう機会に聴いたことのない曲を聴いたり作品に出会って、
新しい発見として持って帰ってくれると嬉しい、とのことでした。
確かにその通りで、アーティストの一人を知っていたとしても、
そのアーティストの全ての曲を知っているわけではない。
活動の幅は広いので、全てをフォローできるケースは希ですから。

久しぶりに聴いて、やっぱり良い曲だと身体が震えたり。
この曲は絶対、数年先でもどこかで盛り上がれる名曲だと思えるものがあったり。

音楽や映像というコンテンツは、
過去に、それを良いと思ったことがある人々にとって大事なもので、
ある時、振り返って良いものだと思い返せる……。
例えば10年後にだって、語り継がれるものなのだと思います。

作り手の皆さんには、感謝しかありません。
こうやって、楽しむことができるのですから。


2部、DJイベントも楽しそうでしたね。
大音量でサウンドを。壁面に大きくムービーを流しながら楽しむイベント。
行けず仕舞いとなってしまいました。